-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「代襲相続の相続税額への影響」

代襲相続により相続人の範囲に変更が生じ,基礎控除額,相続税の総額を計算する場合の相続分などが影響を受けます。

(例)

被相続人Aが死亡し,相続人がB1人だけである場合

基礎控除額は,3000万円+600万円×1人=3600万円

しかし,相続開始時にBが既に死亡しておりBの子であるCDが代襲相続人となっていた場合には相続人が2人となり,この場合の基礎控除額は3000万円+600万円×2人=4200万円となります。このように代襲相続人により相続人が変わると税額も変わることとなります。