-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「相続分と相続税の関係」

相続税は,相続又は遺贈により財産を取得したすべての者の相続税の総額を計算し,その総額を基礎として,それぞれこれらの事由により財産を取得した者に係る相続税額を計算します。

相続税の総額は,相続税の課税価格の合計額から基礎控除額を控除した金額をその被相続人の法定相続人が,法定相続分に応じて取得したものとした場合における各取得金額について,それぞれ税率を乗じて計算した金額の合計額です。

そして,各相続人が負担すべき相続税額は,相続税の総額にそれぞれの相続税の課税価格がすべての者の課税価格の合計額のうちに占める割合に乗じて算出した金額です。

つまり,法定相続分は相続税の総額を計算する段階で使用されますが,各人の相続税は,実際の遺産の取得額に応じて割り当てられるという計算構造になっています。