-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「相続分の譲渡と相続税③」

共同相続人への有償譲渡

共同相続人に対して相続分が有償で譲渡された場合,譲渡対価の扱いが問題となります。これについては,相続分の譲受人の課税価格について,相続により取得した財産の価額から相続分の譲渡に伴う負担を控除した金額とする裁判例があり,代償分割における代償財産の取扱と同様になっています。したがって,相続分を譲渡した相続人は,相続により取得した財産の価額に相続分の譲渡対価を加えた額が課税価格となります。