-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「相続分の譲渡と相続税④」

第三者への無償譲渡

第三者に対して相続分が譲渡された場合,遺産分割の遡及効はそのまま適用されるわけではなく,相続分譲受人は,譲渡人が相続人たる地位において承継取得した財産を,譲渡人から承継取得したことになります。つまり,譲受人たる第三者が,相続財産の持分を取得するのは,相続によるものではなく,相続分の譲渡という人為的な行為によるものですので,譲受人には相続税は課されず,譲渡人である相続人に相続税が課されます。但し,第三者に対して相続分が無償で譲渡された場合,譲渡人が相続人たる地位において取得した財産を,譲渡人から無償で取得するわけですから,相続人から財産の贈与を受けたものとして相続分の譲受人には贈与税が課せられます。