-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「相続税の納税義務と税額加算」  

遺贈(死因贈与を含む)により財産を取得した個人は,相続により財産を取得した個人と同様に,相続税の納税義務者となりますが,受遺者が被相続人の1親等の血族(その代襲相続人を含む)及び配偶者以外の者である場合には相続税額が2割加算された金額となります。また,同一の被相続人から遺贈により財産を取得した者は,その申告書の提出先の税務署長が同一である場合には,申告書の共同提出ができます。