-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「相続税の計算における特例及び控除の適用①」

遺贈により財産を取得した配偶者は,相続の放棄をしても,配偶者の税額軽減の適用を受けることができます。同様に,遺贈により財産を取得した未成年者又は障害者は,相続の放棄をしても,未成年控除,障害者控除の適用を受けることができます。