-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「相続税申告に関する名義預金の意義」  

名義預金は,被相続人が自らの資金を元手に,金融機関において被相続人以外の名義で預貯金を開設することによって生じます。このとき,当該預金を被相続人から名義人へ適法に贈与されていれば,当該預金は名実ともに名義人に帰属するため,名義預金とはならないことになりますが,贈与が成立していないか,成立しているかどうか不明である場合に名義預金の問題が生じます。したがって,名義預金か否かは,名義人がその預金を完全に支配管理し,自由に処分できるかどうかがポイントとなります。