-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「相続税計算の債務①」

遺産総額から差し引くことができる債務は,相続税の債務控除の対象とされる債務といわれ,大きく分けて次の2つのものがあります。1つは,金銭債務で,相続開始の際にあった被相続人の債務で確実に認められるものです。もう1つは,葬儀費用で,厳密には,被相続人の債務ではないのですが,相続開始と葬儀費用の因果関係や国民感情に配慮して対象とされています。なお,被相続人に課せられる税金で被相続人の死亡後,相続人などが納付又は徴収される所得税などの税金(延滞税や加算税などを除きます)は,被相続人が死亡したときに確定していないものであっても,債務として遺産総額から差し引くことができます。