-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「相続財産の遺産分割における価額と相続税申告における評価額」

相続税法において特別な評価方法を規定しているのは,地上権,永小作権,定期金に関する権利,生命保険契約に関する権利及び立木についてであり,その他の財産については「時価」によると規定しています。そこで,国税庁では,「財産評価基本通達」を定め,時価の意義を明らかにするとともに,相続税の申告に際しては,統一された評価に関する基準を規定しています。