-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「遺言執行者について㉖」

遺言執行者は,目的物の在否を確認後,受遺者に対する対抗要件具備としての引渡しまで,善良な管理者の注意義務を以て目的物を管理することとなりますが,動産は散逸しやすく,注意が必要となります。

①自動車の場合,名義変更登録(所有者名義の変更)について

普通自動車の場合,名義変更の登録を行う必要があります。普通自動車の名義変更は運輸支局又は自動車検査登録事務所において行い,申請は,遺言執行者と受遺者との共同申請となります。登録制度のなお軽自動車の対抗要件は引渡しですが,名義変更を行うことが適切です。軽自動車の名義変更は軽自動車検査協会において行います。