-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「遺言執行者について㉗」

遺言執行者は,目的物の在否を確認後,受遺者に対する対抗要件具備としての引渡しまで,善良な管理者の注意義務を以て目的物を管理することとなりますが,動産は散逸しやすく,注意が必要となります。

②自動車の場合,名義変更登録(使用者名義の変更)について

自動車ローンを組んでいるような場合,所有者の名義が信販会社等金融機関に留保され,被相続人(遺言者)が使用者として登録されている場合があります。この使用者名義の変更登録の申請は,一般に所有者から委任状を取得して行います。なお,委任状の取得にあたり,所有者である金融機関から,残ローンの返済,残ローンの名義変更などを求められることが通常です。