-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

「遺言執行者について㉝」

遺言者が,特定財産承継遺言の目的不動産を相続,売買その他で取得していたにもかかわらず,自己名義への登記手続未了のうちに特定財産承継遺言の目的とし,遺言の効力が発生した場合,遺言者の前主主義から直接受益相続人名義に移転登記を行うことができません。そこで,遺言執行者は,まず遺言者の前主名義から遺言者名義への移転登記手続を行った上で,受益相続人への移転登記手続きを行うこととなります。