-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

相続手続き・添付書類について㉒

第22回目は前回に引き続き,不動産の相続登記についてお話します。

【不動産の相続登記とは・・・】

不動産を法定相続により相続登記するには,相続を登記原因とする「所有権移転登記」で行います。この手続きは,登記所(地方法務局など)で,所有権移転申請をすることになります。

【相続による所有権移転登記の要否】

相続登記しなくても違法ではありませんが,そのまま放置しておくと,その不動産を売却したり抵当権を設定したりすることができず,また,後日の相続処理などが大変面倒になります。

【登記申請書と登記済証書】

不動産の登記が完了すると,登記識別情報が交付されます。再発行ができませんので,慎重に保管することになります。