-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

認知症に関するセミナーに参加してきました③

「認知症に関するセミナーに参加してきました!」第3弾です。

今回は,「度忘れ・物忘れ」と「認知症」の違いについてです。

記憶には次の3つの過程があります。

①記銘(きめい):新しいことを覚えること

②保持(ほじ):覚えたことを脳に保存すること

③想起(そうき):覚えていたことを思い出すこと

「度忘れ・物忘れ」は,「想起」の部分がうまくいかないことです。

=病気ではありません。加齢による生理的なもの。物忘れを自覚している。学習能力もあり日常生活には支障はない。

 

「認知症」は,「記銘」の部分がうまくいかなくなる。

⇒病気である。食事など体験したことを忘れる。物忘れの自覚がない(例えば,物がなくなると「誰かが盗った」というなど)。学習能力に支障がある。