-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「いつかたこぶねになる日」

「いつかたこぶねになる日」(小津夜景著,素粒社)を最近読み終えました。

フランス在住の俳人が記した,30を超える漢詩をまつらえた随筆集です。

時に俳句を交えながら,ゆるい4つのテーマで区分された内容で,著者の素晴らしい漢詩の翻訳に感心しながら,最後まで大変楽しく読みました。

特に,漢詩は,おおよそ中国・日本産半分づつで,中国製?では,白居易はやっぱり凄いと感じ,晩唐の李商隠・南宋の陸游にも感心しました。

日本製?では,新井白石には現代でも通じるシャープさがあると思われ,また,菅原道真の讃岐の国司に左遷中の漢詩には身につまされる思いがし,さらに,取り柄の無い人間だと思っていた藤原忠通は漢詩はうまい(書もそうらしい)ことが分かり,勉強になりました。