-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「グレート・インフルエンザ」

「グレート・インフルエンザ」(ジョン・バリー著,共同通信社)を昨日読み終えました。

1918年から1920年にかけて,パンデミック状態となり世界中で猛威を振るい,本書によれば,5000万人から1億人の死者の被害等を与えた,いわゆる「スペインかぜ(スペイン・インフルエンザ)」についての顛末を描いたノン・フィクションです。

内容的には,研究者の動向に重きを置き過ぎている感はしましたが,一応ニュージャーナリズムのレベルには達していると思われ,また,3波に分かれた襲来に翻弄される様は叙事詩的悲劇に思え,さらに,只今,パンデミックに直面している我々には過去の歴史だと看過しえず,大変面白く読みました。

特に,現在の日本のように,無能な当局の対応のため,壊滅していくフィラデルフィア市の惨状や,乗客・乗員から多数の死者を出し続けながら船舶による輸送が続けらた事実等,約100年前の出来事ですが,生きていくために非常に勉強になりました。