-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「ケルズの書」

「ケルズの書」(萩原美佐江著・複写制作,求龍堂)を最近読み終えました。

8世紀のヨーロッパの僧院で制作された装飾ページのある聖書である「ケルズの書」を,現代日本の女性が,「復元模写及び色彩と図像の考察」(副題)をした作品です。

数奇な運命をたどった,「アイルランドの至宝」(副題)を,現存する部分について,絵具の探究等も含めて,可能な努力をして成し遂げられた復元は素晴らしく,大変感動しました。

また,現状模写に止まらず復元模写をしていることや,表記も日英二か国語でする等,著者・模写製作者の志の高さが感じられ,非常に優れた書籍だと思いました。