-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「戦争の日本中世史」

「戦争の日本中世史」(呉座勇一著,新潮選書)を最近読み終えました。

気鋭の日本の中世史研究者が,2014年に刊行した作品です。

巻頭の「はじめに」に記してある通り,「認知度が高く解説本も充実している」「源平合戦や戦国時代の合戦については」「割愛」し「蒙古襲来から応仁の乱までの約二〇〇年間を「戦争の時代」として叙述した」作品です。

良く言えば,志が高過ぎ,散漫な記述となっていると感じられ,完成度は高くないと思いましたが,鎌倉・室町両幕府が自壊していく様は何となく分かり,また,「ただれてくるよな平和」かもしれないが,足利義満らが,(実際は四苦八苦しながら,何とか築いた)太平の時期の偉大さが良く分かる等,非常に興味深く読みました。