-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「籠の鸚鵡」

「籠の鸚鵡」(辻原登著,新潮社)を最近読み終えました。

1980年代半ばころの,和歌山市等を舞台にした,実録風の犯罪小説です。

雑誌に連載されたものをそのまままとめた感じで,物語の中心が定まってないと思われ,また,ラストの展開も詰めが甘く,全体として完成度は高くないと思いました。

しかし,現実に起きた事件を元にした展開は,歯切れよく,また,「山一戦争」等の勉強にもなり,さらに,登場人物の造形はしっかりしており,久しぶりの一気読みで,最後まで面白く読みました。