-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「罪の段階」

「罪の段階」(リチャード・ノース・パタースン著,新潮社)を最近読み終えました。

敏腕弁護士でもあった著者が,1992年に発表した,元パートナーだった女性を容疑者とする,事件を弁護する主人公の活躍を描く,サスペンスです。

本作は,リーガル・サスペンスの要素よりも,被害者の人物造形と,女性としての生きる苦労に重きが置かれており,ミステリーとしては完成度は高くないと思いましが,当時の,そして,現在の世界を良く描いていると思え,最後まで,大変面白く読みました。