-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「花のあと」

「花のあと」(藤沢周平著,文春文庫)を最近読み終えました。

市井もの4編・武家もの3編・芸術家もの1編の,計8編の短編からなる作品です。

本作は,著者としては円熟期に書かれた作品群で,おかしみもある内容で,かつ,登場する女性の造形が素晴らしく,大変面白く読みました。

映画の原作になった,表題作の武家もの「花のあと」は,鮮やかな構成でさすがだと思いましたが,個人的には,市井ものの「冬の日」が素晴らしいと思いました。