-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「蛍草」

「蛍草」(葉室麟著,双葉文庫)を最近読み終えました。

2012年に刊行された,著者の作品の設定として多い,江戸時代の地方の小藩を舞台にした時代小説です。

本作は,巻末「解説」に記されているとおり,著者の「他の歴史・時代小説に比べると、明らかにエンターテイメント色が強い」双葉文庫の2作目で,「日本晴れの読み心地を約束する」(裏表紙コピー)とまでは思いませんでしたが,バランスの取れた内容で,最後まで楽しく読みました。

特に,脇役らについて,朝のテレビ小説かと思える安易な設定で各々登場しますが,作品が進む連れて,それなりにしっかり造形されていき,また,内容上の使い方も,リリーフ役に徹しており,感心しました。