-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「陽炎の門」

「陽炎の門」(葉室麟著,講談社文庫)を最近読み終えました。

江戸時代の黒島藩(藩の来歴からすると「来島藩」がモデル)シリーズの第1作で,下士から執政に成りあがった主人公等が活躍する時代小説です。

敵役らの造形が,著者の他作品もそうですが,今一つ深みが無く,残念でした。

しかし,全体の設定と地理は著者得意のものですが,本作では,主人公の開き直り度が見事で,また,主人公を取り巻く人々の人物造形も良く出来ており,さらに,終盤の展開もカタルシスを感じることが出来,エンターテーメントとして完成度の高い作品に思え,大変面白く読みました。