-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読書について「よろずや平四郎活人剣(上・下)」

「よろずや平四郎活人剣(上・下)」(藤沢周平著,文春文庫)を最近読み終えました。

天保時代の江戸を舞台に,旗本の子である主人公が,仲裁行を営む様を描いた時代小説です。

本作は,①侍を主人公とした人情劇,②NHKのテレビドラマ等の原作になったようにエンターテーメント性十分,③歴史的大事件(具体的には,忠臣蔵と天保の改革)の裏面史,④連作短編集の形である等の点から,著者の「用心棒日月抄」の同系統の作品です。

異なるのは,本作の方が,良く言えば明るく,大変面白く読みましたが,背景の深刻さを持つ「用心棒日月抄」の方が完成度は高く感じられました。