-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読書について「アドルフ・ヒトラーの一族」

「アドルフ・ヒトラーの一族」(ヴォルフガング・シュトラール著,草思社)を最近読み終えました。

ジャーナリストが,表題について,網羅的に丹念に記した作品です。

原書は2005年に出版された作品なので,現在では,他説・新説等が出ていると思いますが,非常に興味深い内容で,大変面白く読みました。

特に,ヒトラーが唯一愛した女性とされる,異母姉アンゲラの娘,つまりヒトラーの姪にあたる,アンゲラ・ラウバル(愛称ゲリ)との関係と彼女の死に至る経緯は,極めて大事に思われ,スターリンの妻の自殺と重ね合わて,色々と考えることが出来ました。