-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読書について「推理小説年鑑 ザ・ベストミステリーズ2018」

「推理小説年鑑 ザ・ベストミステリーズ2018」(日本推理作家協会編,講談社)を昨日読み終えました。

本書は,「日本推理作家協会が責任を持って選び出した」,「今年も選りすぐりの短編」「を集めたアンソロジー」(序)です。

確かに,宮部みゆき外9名の作家による短編ミステリーが10編が収められていはいます。

しかし,これらが,2017年に日本で発表された代表作集だとすると,日本のミステリーのレベルは著しく低いとしか思えず,例えば,日本推理作家協会賞短編部門を受賞した,降田天作「偽りの春」は,良い素材が幾つもあるとは思いますが,構成はズルズルで,短編らしい切れ味も無い等,期待して読んだだけに,本当にガックリしました。