-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読書について「陰謀の日本中世史」

「陰謀の日本中世史」(呉座勇一著,角川新書)を昨日読み終えました。

異例のベストセラーとなった「応仁の乱」の著者が,「保元の乱」から「関ヶ原の戦い」までの13の事件・乱等について記した作品です。

「トンデモ説が溢れる世界の中でも、「誰かが猫の首に鈴をつけなければならないのだ。それが、本書を著した理由である。」」という活きの元,前作もそうですが,しっかりした史料批判に基づいた,他説への合理的評価と,結論としての自説が繰り広げられており,非常に面白く読みました。

特に,近年新説が展開され,従来の講談的歴史が塗り替えられようとしている「関ヶ原の戦い」について,フェアで納得いく記述がされており,安心して読めました。