-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読書について「愛憎の檻」

「愛憎の檻」(藤沢周平著,文春文庫)を最近読み終えました。

江戸の小伝馬町牢獄等を舞台にした,「獄医立花登手控えシリーズ」の第3巻で,6編の短編からなる作品です。

2度もテレビドラマ化されているとおり,よく出来た作品が揃うシリーズですが,3巻目も,巻頭の「秋風の女」を始め,円熟した作品が続き,感心しながら再読しました。

また,シリーズ物では,段々主人公と,周囲の人々との関係が良好となり,朝のテレビ小説みたいな空虚な展開になりがちですが,本シリーズは,同じ傾向はありながらも,ドライな関係を依然として感じさせ,完成度の高いシリーズだと思いました。