-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読書について「いのちなりけり」

「いのちなりけり」(葉室麟著,文春文庫)を最近読み終えました。

17世紀半ばから後半にかけての,佐賀・京・江戸等を舞台に,ヒーローとヒロインがそれぞれ活躍する時代小説です。

鍋島家と竜造寺家との確執や,徳川家綱の後継問題等を背景に,水戸光圀等著名人物を狂言回しにして展開する内容で,結構無理筋な展開ながらも,著者らしくヒロインの造形が素晴らしく,最後まで面白く読みました。

特に,水戸光圀による水戸藩家老藤井絞太夫殺害の真相について,一つの説ということでしょうが,それなりに筋の通った説明がなされており,感心しました。