-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読書について「廃線紀行」

「廃線紀行」(梯久美子著,中公新書)を最近読み終えました。

ノンフィクション作家が,全国50の廃線跡を訪れた紀行文集です。

元々読売新聞に連載されていたためか,短くまとめられすぎている感がして,残念でした。

しかし,カラー写真が多く,季節感や地方色が分かり,また,連載の中から50を選んだけあって,単なる観光とは異なる紀行文になっており,大変面白く読みました。

相続手続き・添付書類について㉔

第24回目は,引き続き,遺産分割協議がある場合に所有権移転登記をするときについてです。。

①遺産分割協議がある場合

法定相続分ではなく,遺産を任意に分割して相続登記するには,遺産分割協議(書)が必要です。遺産分割協議がある場合には,住民票は不動産を相続した相続人だけが必要となります。

②遺産分割の審判または調停があった場合

遺産分割が家庭裁判所の調停または審判による場合には,いずれも確定証明書付の調停調書の正本または審判書の正本を添付します。なお,この場合には,戸籍謄本(全部事項証明書)および印鑑証明書の添付は不要です。