-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読書について「信長の原理」

「信長の原理」(垣根涼介著,KADOKAWA)を最近読み終えました。

織田信長の少年時代から本能寺の変でなくなるまでを,家臣たちの心情等も交えて,描いた時代小説です。

著者は他作でも確率論を切り口にした時代小説を書いていますが,本作も,いわゆる「べき乗理論」を用いて,信長の心理を分析しており,一つの理解の仕方としてはあり得ると思われ,最後まで大変面白く読みました。

また,各家臣たちの描写もよく練られており,さらに,実弟との家督争いや桶狭間の戦いの経緯は,以前読んだ坂口安吾の短編に匹敵するほど良く出来ており,感心しました。