-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読書について「獣たちの墓」

「獣たちの墓」(ローレンス・ブロック著,二見文庫)を最近読み終えました。

ニューヨークの探偵マット・スカダーを主人公にしたシリーズの,10作目で,主人公が禁酒し始めてからの作品としては4作目です。

本作は,1992年に発表された,いわゆる「倒錯3部作」の第3作目で,映画「誘拐の掟」の原作です。

前2作と同様,自らの倫理観に基づき,犯罪者を罰する内容で,かなり深刻ですが,現代社会に対する鋭い問題提起が感じられ,非常に面白く読みました。