-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

生前対策の基礎知識①

今回から,生前にできること,やっておくべきことについて簡単に確認していきます。

相続に備えて生前にできる対策として.もっとも一般的なのが遺言です。

遺言作成については,当事務所の相続HPにも記載していますのでご確認ください。

【遺言についてのよくある疑問】

Q1 自らの死後,遺言は誰が実現してくれるのですか?

A1 遺言の中で遺言執行者を指定することができます。指定された遺言執行者は,相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の権利義務を有します。

 

Q2 遺言で相続させると指定した者が先に死亡した場合はどうなるの?

A2 原則としてその部分は失効します。そのため,「Aが遺言者の死亡以前,同時に死亡した場合はBに相続させる」という予備的な遺言が有効です。

 

Q3 遺言は書き直すことができますか?

A3 いつでも遺言を撤回することができます。遺言の撤回はあらたに遺言を作成する方法によって行います。