-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「桃源」

「桃源」(黒川博行著,集英社)を最近読み終えました。

現代の大阪・沖縄等を舞台に,大阪府警の刑事2名を主人公にした,ミステリーです。

最初の被疑者の捜査等が緩過ぎ,結果的に,飛行機に乗りまくって,名物を食べ・飲み歩くのにしか取り柄が見出せず,単行本を出すにあたっては,是非再構成・加筆修正すべきだったと思いました。

しかし,著者の初期のシリーズである,いわゆる「大阪府警」シリーズを彷彿とさせる人物造形・展開等で,また,同じく府警の元刑事を主人公にした,いわゆる「堀内・伊達」シリーズに漂う一種の凄惨さはなく,脳天気的明るさにあふれ,最後まで楽しく読みました。

「相続分の譲渡と相続税③」

共同相続人への有償譲渡

共同相続人に対して相続分が有償で譲渡された場合,譲渡対価の扱いが問題となります。これについては,相続分の譲受人の課税価格について,相続により取得した財産の価額から相続分の譲渡に伴う負担を控除した金額とする裁判例があり,代償分割における代償財産の取扱と同様になっています。したがって,相続分を譲渡した相続人は,相続により取得した財産の価額に相続分の譲渡対価を加えた額が課税価格となります。