-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「老境まんが」

「老境まんが」(山田英生編,ちくま文庫)を最近読み終えました。

手塚治虫外13名の作家が描いた,表題どおりの14作のまんがを収めたアンソロジーです。

意識して読んだのは初めての作家もいましたが,それぞれ妙味があり,面白かったです。

特に,岡野雄一作「ペコロスの母に会いに行く(抄)」と,白土三平作「ざしきわらし」の2作を感銘深く読みました。

「相続税申告に関する名義預金の意義」  

名義預金は,被相続人が自らの資金を元手に,金融機関において被相続人以外の名義で預貯金を開設することによって生じます。このとき,当該預金を被相続人から名義人へ適法に贈与されていれば,当該預金は名実ともに名義人に帰属するため,名義預金とはならないことになりますが,贈与が成立していないか,成立しているかどうか不明である場合に名義預金の問題が生じます。したがって,名義預金か否かは,名義人がその預金を完全に支配管理し,自由に処分できるかどうかがポイントとなります。