-債務整理(名古屋市、愛知県、岐阜県、三重県)あいわ法律事務所弁護士法人-

ブログ

読んでみました「新型コロナ制圧への道」

「新型コロナ制圧への道」(大岩ゆり著,朝日新書)を昨日読み終えました。

元新聞記者の著者が,記した作品です。

典型的な便乗企画的作品で,独自に取材をしている部分は見受けられず,また,2009年の新型インフルエンザをめぐる騒動が,不相当に詳しく論じられ,さらに,全般的に日本政府発表総覧的内容に終始し,著者独自の視点等は無く,残念でした。

しかし,一連の政府の無様な対応や,これまでのパンデミックの整理ができ,勉強になると伴に,やはり政府の指導等には惑わされずに,自分なりに注意して生きていくしかないのだと,改めて思えました。

「相続税計算の債務①」

遺産総額から差し引くことができる債務は,相続税の債務控除の対象とされる債務といわれ,大きく分けて次の2つのものがあります。1つは,金銭債務で,相続開始の際にあった被相続人の債務で確実に認められるものです。もう1つは,葬儀費用で,厳密には,被相続人の債務ではないのですが,相続開始と葬儀費用の因果関係や国民感情に配慮して対象とされています。なお,被相続人に課せられる税金で被相続人の死亡後,相続人などが納付又は徴収される所得税などの税金(延滞税や加算税などを除きます)は,被相続人が死亡したときに確定していないものであっても,債務として遺産総額から差し引くことができます。